葬る静寂RO

アクセスカウンタ

zoom RSS これはゾンビですか? 13日の金曜日!めっちゃ先行試写会レポート

<<   作成日時 : 2012/01/14 00:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

4月からスタートするこれはゾンビですか?の2期目に先駆けて
本日、新宿の角川シネマにて2話先行試写会が行われた。

司会はアンダーソン役の瀧澤樹さん、プロデューサの蜂屋さん
角川書店 宣伝担当 千葉さんの3名(間違ってたら申し訳ない)

っとここでゲストの登場
まずはこれはゾンビですかの著者木村先生続いて声優でハルナ役いおりんこと野水 伊織さん、ユー役のつっきーこと月宮 みどりさん、そして、皆さんおまちかね、サラスバティ役のごっさんこと合田 彩さんがサプライズゲストとして駆けつけてくれました。

生で拝見できてラッキーでした。

さて、試写会の内容を覚えている限り
大雑把に以下記載いたします。

※ネタバレ要素もあるかもしれませんので、アニメを楽しみにしている方は読み飛ばしてください。

第一話「今、ふたたびの魔装少女」
夜の王を倒して、相変わらずの日常を送っている。
アユム、ハルナ、ユー、セラの4人。
いつものように、アユムが教室で日光の下勉学を励んでいると
当然のごとく、干からび保健室へと搬送される。そう俺ゾンビっす
保健室で目が覚めると、美少女がエチルアルコールを探していた。
アユムに気がつき慌てて保健室を去る少女にアユムは呆気にとられていた。
後日、再び教室にて日が沈むのを待って、家路に就こうとしたアユム
通りかかった、理科準備室で物音がかつて、京子に殺されたことが脳裏を過ぎるも
思い切って、ドアをあけると保健室でみた少女が酒によって酔っ払っている。
アユムは妖精さんだと思いこみ、再開を希望するもそこに少女の姿はなかった。
そんな平穏の中で、一人邪気を検知するセラスだった。
あくる日、親友の織戸から、学校の裏の墓地でチェ−ンソを振り回す変態女装少年のことを知らされ
アユムは一目散に理科準備室へ逃げ込み、妖精さんに助けを求めるのだったが
そこにいたのは妖精さんではなく、魔界のメガロだった。

はい、すげーいろいろ書きましたが、これ以上先の話(もしかすると既に上記の話も)が司会の方に
ネタバレしないようにと止められているのでこの辺で止めて起きます

小休止を挟んで第二話
第二話「嗚呼、さようなら俺」
前回の件ですっかりアユムの日常が変わってしまった。
気落ちするアユムを尻目にトモノリが山へ行こうとアユムを誘う。
この誘いを受け、アユムはトモノリと山へ行こうとするが
結局はハルナ、ユー、セラを含めたいつもの面子+トモノリで山を上ることとなった。
山を登りきると、空には満点の流星群がトモノリはこれを気落ちしているアユムに見せたかったのだ。
アユムはトモノリに感謝をしつつ、新しい自分を受け入れようとしていた。

そんな中、光とともに二人の少女があらわれる
方や、ヴィリエ最強クラスの少女とかつて夜の王に使えた少女であった。

はい、ラストのシーンがこれからの伏線になっていくだろうと思われ、続きが見たい!
だが今回はここまで非常に残念。。。。

試写会が終わると今回の試写会についてのアンケート
内容が面白ければ、雑誌等にアンケート内容が乗るとかなんとか

その際に、注目内容が発表
3月にはアニメコンテンツエキスポにこれはゾンビですかも出展し何かをやるとか
秋には、これはゾンビですかめっちゃフェスティバル

さらに、まだ未定だが今回これなかった人向けにまたイベントをやるかもとか言っておりましたので
蜂屋さんのツイッターを注目しておいて欲しいとのことです。

最後に今回の試写会のお土産品をUP
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
これはゾンビですか? 13日の金曜日!めっちゃ先行試写会レポート 葬る静寂RO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる